和装の結婚式で花婿が着る着物を解説します。

紋付袴

人生の門出、最大の山場の筆頭である結婚式では様々な形式があります。
国内においては主に神式、仏式、キリスト式が多いようです。

よく話題に上がるのが女性の着物やドレスの話題ですが男性の衣装についてはみなさんどのくらいご存知でしょうか?

近年は和装がブームにもなってきており結婚式を和装の尾着物で執り行いたいという方も多くなってきました。

そこで今回は結婚式における花婿の着物について見てみましょう。

重要なのは花嫁と花婿の格を合わせること

紋付袴

和装でも洋装でも言えることですが結婚式の衣装について一番気をつけなければいけないのは衣装の格を花嫁と花婿どちらも同じ格にして合わせるということです。

これを知らずに「この着物より別のあれの着物が良い」と格が違うものを選んでしまうと相手側の家族に大変失礼ですし、式場でとても大きな恥をかいてしまうことになります。

かならずこの点は最初に抑えておいてください。

花婿の着物の種類

女性の結婚式用の着物は意外と色々と種類がありますが、男性向けの着物は実はそれほど種類がありません。

大きく分けて2種類、正礼装の黒五つ紋付き羽織袴と略礼装の色紋付き袴が花婿用の和装着物となります。

黒五つ紋付き羽織袴

黒五つ紋付き羽織袴は男性の第一礼装という位置づけの着物です。

結婚式で着ることが有名ですがそれ以外にも結納、葬儀、式典といった冠婚葬祭などの場面で着ることができる着物です。

よく「紋付袴」という単語を聞いたことがあると思いますがこれは黒五つ紋付き羽織袴と同じ意味で呼びやすく短縮されたものです。

内訳としては黒色無地の羽二重の羽織(背中中心、両胸、外袖両方の5箇所に染め抜きの紋入)、羽織と同素材での白羽二重の付け比翼仕立て長着(羽織と同じ位置に紋入)、縞織の仙台平袴となっています。

また小物類は全て白色で統一されています。
大体テレビなどでも見かける紋付袴のイメージそのものと思ってよいでしょう。

黒五つ紋付き羽織袴には名前通り紋を入れるわけですがこれは花婿の家の家紋をいれることになります。

近年は結婚式用に着物を購入することは減り、レンタルを使うことが多いのですがその場合は家紋が分かる場合はその紋を張り替えることが大体の店舗で可能です。

最初のほうで花嫁と花婿の衣装の格を合わせることが重要だと書きましたが黒五つ紋付き羽織袴と同格となる花嫁の着物は白無垢、色打ち掛け・黒引き振袖・大振袖となっています。

色紋付き袴

色紋付き袴は黒五つ紋付き羽織袴とは違い略礼装にあたります。
よって披露宴のお色直しやパーティー、2次会といった場で着るほうが良いでしょう。

黒五つ紋付き羽織袴とは違い、カジュアルな部類となるので花嫁の着物である白無垢といったフォーマルなものとは釣り合いが取れません。

色が違うほかは基本的に黒五つ紋付き羽織袴と同じです。

サイズ合わせの試着

結婚式に和装でいこうと決めたら早速着物の試着をしてみましょう。
ではどんな点に気をつけたら良いかといえば体型にあうサイズかどうかということです。
レンタルで借りる場合には特に重要なところですね。

試着時にチェックするべきポイントとなるのは

羽織のサイズが体に合うかどうか
袴の長さは合っているか
肩幅など全体のバランスは合っているか
腕の長さ(裄丈)は合っているか
花嫁の衣装とちぐはぐではないか

以上のことをしっかり確認すると良いでしょう。

大体の場合、レンタル店ではその場の担当者がしっかりと教えてくれるので迷うことはそうないとは思います。

紋付袴は姿勢が命

紋付袴には洋装のように肩パットが入っていません。
これがどういうことかというと少しでも猫背になるとやつれたような疲れたような印象に見えます。

少し大変ですが結婚式の最中だけでも下腹部にしっかり力を入れて背筋を伸ばし胸を貼ることで凛々しい男性の印象になるので頑張って力を入れて乗り切りましょう。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

  • 振袖(結婚式参列・結納)
  • 訪問着
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 浴衣

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る