付け下げとはどういう着物?どういう時に着るの?

付け下げの女性

場の雰囲気が格調高い席に突然出ることになってしまったけれど何を着て行ったら良いのかわからない・・・。
購入するにしても着物は酒類がありすぎてどれがどんな時に来たらいいものなのかわからない・・・。

現代では着物を着る習慣も減ってきているためどの着物をどんな時に着たら良いのかわからないという方がとても多いようです。

場合によっては自分自身が恥をかくだけでは済まないようなことすらあるので気をつけたいところですね。

そこで今回は様々な着物の種類がある中から付け下げについて、どんな着物であるかということや着用シーンについて見てみましょう。

付け下げの着物とは

付け下げの女性

付け下げの着物は見た目は訪問着と似通っていますが、訪問着よりは模様が少ないのが特徴です。
その他衿と肩や裾の前身頃とおくみの模様がつながっていない点でも区別が過可能です。
また、模様が全て上方向を向いているのも特徴と言えるでしょう。

一般には訪問着を簡略化した着物という認識になっています。

訪問着は仮縫いをした後に染められていますが、付け下げは反物状態で染められています。
これによりポイントポイントでの絵柄が描かれている場合が多く上品な雰囲気を見せてくれます。

ただし、付け下げの中には創作ものが多いので中には訪問着とぱっと見分けがつかないものもあります。

付け下げの着用シーンは意外に多い

着物を着て微笑んでいる女性

さてそれでは付け下げの着物はどんなシーンで着用すればよいでしょうか?

付け下げは訪問着に比べて略式の扱いで、小紋よりも「よそゆき」として使える着物です。
わかりやすく言えば訪問着と小紋の中間的な位置にある着物と言えます。

付け下げは柄の選び方次第で訪問着寄りの使い方が出来るものや小紋寄りの使い方が出来るものなど、幅広い種類があります。

主な着用シーンは披露宴やパーティーへの出席、観劇や同窓会、お食事会やお茶会など

その他にも入学式や卒業式への付き添いなどといったちょっとだけ改まった席で使う場合が多く、こういったところで出かけるには最適な着物です。

絵柄が簡素な付け下げの場合は見た目の重さがないため街着としてカジュアルに着やすくなります。
紋入りにした場合は逆に格が上がるため、街着としてはふさわしくありません。

よりフォーマルな感じにする場合は帯に華やかな柄のものや箔を多く使ったものを選ぶと良いでしょう。

付け下げの歴史

付け下げは一体いつごろから生まれたのでしょうか?
その歴史を見てみると意外と古くないことがわかってきます。

いくつかの説がありますが一説には太平洋戦争中に庶民派質素な生活を気味付けられることになり、訪問着が禁制となったため、その代用品として作られたことがその始まりであると言われています。

花柳界(いわゆる風俗街)の仕事着として流行した後、昭和30年代に入り一般庶民にも広く知れ渡り、幅広い使い方のできる略礼装として浸透しました。

また、別の説で小紋を制作している際に柄が必ず上を向いているものを作れないか?というところから生まれたとされるものもあります。
こちらも20世紀前半の頃とされており時期としては同じ頃になります。

付け下げは訪問着から始まったのか、それとも小紋からはじまったのか、どちらの説が正しいのかはまだ議論されているようですが俗説としては前者の訪問着からはじまったとされる説が有力なようですね。

着物はレンタルがおすすめ

着物は実に様々な種類がありその全てを購入するのは予算的にも定期的に手入れをする点においてもとても大変です。

幅広く使いやすい付け下げですが、それだけでは全てをカバーできるわけではありません。

なので付け下げを購入するのであれば他の着物が必要なシーンは着物をレンタルすることで予算的にも管理的にも負担を大きく減らすことが出来るのでおすすめですよ。

>>訪問着のレンタルと小物など全てを1万円台で揃えるならこちら

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る