和装の結婚式で花嫁が着る着物を解説します。

振袖の女性

人生で大きなイベントのひとつに結婚式があります。
神式キリスト式と、形式は様々ですがそんな時に重要なものとして花嫁衣装があります。

現代では着用する機会がすっかり減ってしまった着物ですが中でも未婚の方が着ることの出来る振袖を着用できる最後のチャンスでもあります。

しかし、着る機会がないだけに結婚式の着物について詳しく知っている方はあまり多くありません。

今回は結婚式での和装、着物について見てみましょう。

和装着物を着る結婚式は?

結婚式

結婚式の方式は様々あります。
中でも国内で多いものは神前式、仏前式、キリスト教式、人前式の4つでしょう。

このうち和装着物で結婚式をおこなうのは神前式、仏前式、人前式の3つです。

・神前式

神社にておこなわれる結婚式なので古くからある、歴史長いイメージがありますが結婚式を神社で行うようになったのは実は100年そこそこ前で、意外と近代となってからです。

・仏前式

あまり知っている方が少ないのですがお寺にておこなわれる結婚式です。
結婚した夫婦は死後、来世でも再び縁があるという仏教の考え方を元にした結婚式の方式です。

神前式のように一般的ではないためホテルなどで対応してくれるところが少なく、寺院などでおこなわれます。

・人前式

宗教は無関係に、結婚する夫婦の身内や友人に対して血痕を誓うタイプの結婚式です。
宗教が無関係なので創作性が高く近年人気のあるスタイルです。
衣装も特に制限がないため着物を選ぶ方も多いようです。

結婚式の和装着物

では結婚式で花嫁が着用する着物について見てみましょう。
ひとくちに結婚式の和装着物といっても種類が幾つかあり、大きく分けると白無垢、打掛、振袖の3種類となります。

・白無垢

和装の結婚式では一番印象のある着物ではないでしょうか。

白無垢は和装の結婚式の中では一番格式が高い衣装となっており、挙式以外では居ることが出来ない特別なものです。

衣装としての打掛と掛け下、その他の必要となる小物類もすべてが白色に統一されています。

これは古来より日本では白色が神聖な色とされており祭事に用いられてきたからです。

また白無垢といえば頭にかぶる白い袋のような帽子、綿帽子が特徴的です。
これは元々は室町時代の女性の防寒具として用いられてきたものでしたが現代では結婚式でも用いられるようになりました。

・打掛

打掛の着物は江戸時代に帯を締めた状態の小袖に上からさらにサイズの大きい小袖を羽織った(これを打ち掛けたと言います)状態の着物で主に武家の女性が来ていました。

白無垢も厳密には打掛ですがここでは白無垢以外の色のついた打掛を指します。

結婚式で打掛が使われるようになったのは以外に短く明治時代からとなっています。

見た目にきらびやかでとても豪華な印象がありますが問題が一つあり、それは重量がとても重くなるということです。

カツラも含めると全身ずっしりとした重量になり、厚みもあるためとても動きづらく女性が長時間着ているのは大変です。

結婚式で打掛を選ぶ場合はそのあたりも考慮して考えるようにしましょう。

・振袖

結婚式の着物として印象に強い振袖は結婚式で使うものは引き振袖と中振袖の2種類です。
この内中振袖は成人式などで着るものと同じものとなります。

引き振袖は結婚式でよくみる裾を引きずるように伸ばした着物で結婚式では人気の高い着物です。

打掛よりは格式が下になりますが打掛がとても重く動きづらいのに対して振袖は軽く動きやすいという特徴の違いがあります。

ただし、打掛に比べて重厚感がないので結婚式で付けるカツラを付ける場合、頭が大きく見えてしまいがちなのが欠点といえます。

振袖を着る場合はカツラではなく洋風な自髪を結ったヘアセットにするなどにすると良いでしょう。

ただし、神前式や仏前式で神社やお寺で行う場合は、綿帽子や角隠しを付ける必要があります。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る