季節に合わせて着る袷と単衣と薄物とは?

着物「の女性

夏、とても暑いですよね。
禁煙は気候変動によりより暑く、そして暑い時期が長くなってきています。

寒暖の変化というと日常生活においては衣替えが行われる時期でもあります。
洋服においては一般的な衣替えですが、和装の着物にもしっかりと衣替えがあります。

しかしこの着物の衣替え、あまり詳しく知っているという方は着物を日常的に着るという習慣が減った現代ではあまりいません。

それに着物の衣替えは洋服と違い少し細かな違いがあったりしています。

そこで今回は着物の中で寒い時期に着る袷、暑くなってきた頃に着ることになる単衣、薄物について見てみましょう。

季節に寄る着物の使い分け

着物の女性

おおまかに分類すると寒い時期に着るのが袷、気温が上がってきて最も暑い時期を通して少しおちついて来る頃まで着るのが単衣、薄物となっています。

それぞれをもう少し詳しくみてみると

袷:10月~5月の間、いわゆる春・秋・冬に着る
単衣:6月、9月の春と夏の境目または夏と秋の境目に着る
薄物:最も暑くなる7月~8月の盛夏に着る

このように明確に分かれています。

しかし近年は気候変動により暑い時期が早まったり残暑が長く続く場合があります。
このため5月から単衣を着たり6月から薄物を着たりすることもあります。

このため最近はよほど格式が高い場でもない限りはそれほど気にする必要はないようです。

もちろん逆に格式が高い場には気をつけたいところですが、暑さで倒れてしまっては元も子もないので周囲を伺いつつ臨機応変に対応したいところですね。

袷の着物とは

袷の着物とは10月~5月の寒い時期に着る着物で、下着が透けない生地に裏地を縫い合わせたものを指します。

袷の着物は裏面に背中の部分に白い胴裏と呼ばれるものと、裾に色の付いている八掛と呼ばれるものを縫いてけています。

これらの仕立て方は特に絹素材の着物おおくみられます。

この裏地により寒い冬でも暖かく過ごすことが出来ます。

裏地のうち八掛けは袷の着物を着て歩いた時に足元がめくれて裏地が見えることになるので、裏地とはいえ見せる工夫を考える必要があり着物選びでは個性が出るところでもあります。

単衣の着物とは

袷の着物とは6月または9月の春と夏の間、または夏と秋の時期に着る着物で、文字通り裏地のない着物ことです。

合わせと表面上は同じですが裏地がないため着てみるととても軽いことがわかります。
もちろん合わせに比べて格段に涼しい着物です。

昔は衣替えの際に袷の着物の裏地を暖かくなる時期に外して単衣にしたり逆に寒くなってきた頃に単衣に裏地を縫い付けて袷にしたりと臨機応変に仕立てなおしていました。

現代ではわざわざ裏地をつけたり外したりするのではなく、最初から袷の着物と単衣の着物をそれぞれ用意するのが普通となっています。

コストや管理、手入れなどが多く増えてしまいますが季節ごとに柄や素材、手触りの変化が楽しめるのが大きな利点と言えます。

薄物の着物とは

袷の着物とは7月~8月の最も暑い夏の時期に着る着物で、薄物の文字からイメージが分かるように生地の下が透けて見える着物です。

薄物は普通の着物と違い、構成している縦糸と横糸の密度が粗く織られていることにより下が透けて見え、風通しがとても良くなります。

薄物の着物には上布、紗、絽の3種類が一般的なものと挙げられています。

薄物はその下が透けるという特性により着物の色によっては着物の下に着ている長襦袢や下着などが透けて見えてしまうことがあります。

特に色が薄い薄物でそういうことが起きやすいので下着の線や長襦袢には気を使うと良いでしょう。

逆にその下に透ける特性を利用する方法もあり、長襦袢に色や柄のあるものを選んで効果的に薄物の透けた感じを利用することもできます。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る