振袖と留袖の違いは?それぞれの着るシーンなども紹介!

振袖

着物初心者にとっては着物の種類が多くあり、どのような時に何を着るのが適しているのかというのがわからないという人もいます。
そんな人でも20歳に近づくにつれて振袖は知る機会がありますよね。
他にも留袖があります。
着物を着る機会が少ない分、詳しくないということもあり、振袖や留袖はどのような時に着る着物かがわからないという人のために、振袖と留袖についてご説明します。

第一礼装に当たる着物になります

振袖

着物には格がありますのでまずは女性の着物の格から説明します。
まずは第一礼装です。
礼装着とも言われ、一番、格が上の正装になります。

●打掛
●黒留袖
●振袖
●喪服

つまり、黒留袖と振袖は同じ格の着物という事になります。

振袖と留袖の違いは「結婚しているか」です

振袖というと何となく成人式に着る着物と思っていたかもしれませんが成人式という大事な式典なので出席時に第一礼装として着ているというのが理解できたと思います。
そしてもう一つ、同じ第一礼装だけど留袖とは何が違うかというと結婚しているかしていないかで着る礼装が変わるという事です。

未婚者の第一礼装が振袖
既婚者の第一礼装が留袖

このような違いがあります。

振袖と留袖は元々同じものだった!?

留袖の元は振袖になります。
元々、鎌倉時代のあたりから男女共に子供たちが着ていた着物が振袖と呼ばれていました。
時代と共に袖の振り部分が長くなり、踊り子さんの振りを一般の女性たちも真似て恋愛感情の表現を袖を振る事で表すようになりました。

そして結婚した女性はもう他に恋愛をする事もなく、恋愛感情の表現をする事も必要なくなるので長い袖を短くするようになりました。
これが留袖と呼ばれるようになったのです。
留袖は既婚者が着る着物というのもこの事からです。

江戸時代になってからは徐々に黒い留袖が礼服として使われるようになり、五つ紋付きの黒留袖は最上の格として着られるようになったのです。
黒留袖は三つ紋や一つ紋を付ける事は少ないのであまり見かける事はありません。

色留袖も礼服にあたります

黒留袖は五つ紋を付ける事で最上格の扱いになりますが、同様に色留袖も五つ紋を付ける事で黒留袖と同じ第一礼装の格として扱います。

色留袖は黒地以外の裾に模様が入った留袖です。
色留袖は本来、既婚者が着る礼装に当たるのですが、最近では30代以降の未婚者も色留袖を着るようになっています。

宮中では黒は喪の色という解釈で宮中内の参内の時には黒留袖を避け、色留袖を着る事が知られています。
色留袖の場合は三つ紋や一つ紋の紋付きの時もあります。

振袖と留袖はどのような時に着るのか

礼装となる振袖、そして留袖は結婚式などの冠婚葬祭時や特別な式典がある際に着る着物となります。
この第一礼装を着る場合、冠婚葬祭時には主催者側が着る服と覚えておきましょう。
式典などの場合は主催するなどは関係が無く出席する際に着ます。

振袖であれば成人式、自分が未婚の段階でのご兄弟姉妹での結婚式があった場合、そして自分の結婚式に着る機会があります。
結婚式はハレの舞台になるので和装での結婚式を挙げる場合、第一礼装となる内掛けや振袖でという考えが以前からありました。

戦前などの結婚式では黒の振袖に角隠しというスタイルが多かったようです。

最近ではウエディングドレスが主流になり、和装での結婚式では内掛けを着る方スタイルになり、振袖はお色直しの時に着られるという方が多いです。

ただ、未婚の状態でも振袖は長くても20代ぐらいまでという考えが一般的なので、30代以降にご親族の結婚式があった場合、紋付きの色留袖を着るという例が多いです。

そして黒留袖は自分の子供さんの結婚式、結婚した後にご兄弟姉妹の結婚式があった場合、
また、仲人さんになった場合も主催者側になりますので第一礼装として着る事になります。

この第一礼装は冠婚葬祭時には招待される側(ゲスト)が着るのは適していませんので注意しましょう。

よく、親戚などの結婚式だからという事で黒留袖を着ようかと検討する例がありますが、この場合、主催する新郎新婦のご両親と同じ格になってしまうという事になりますのでマナー違反になってしまいます。

また、新郎新婦のご両親が格を落とした正装をしていた場合、主催者側より上の格の格好となりますので同様にマナー違反となり、主催者側に対しても失礼に当たってしまいますので着る状況は間違いのないようにして下さい。

どちらも着る機会が少ない礼服です

このように理解してみるとどちらも多く着る機会がない着物だという事がわかったと思います。
人によっては片手で余るぐらいの回数しか着る機会がありません。

着物は普段、着る機会がない分、いざ着るというときに間違いや失礼に当たることも起きる場合があります。
大事な場面でそのような事がないように少しずつでも着物について知識を増やしておくと恥をかくことも避けられます。

振袖と留袖については今回、ご説明した部分は覚えておくと良いので参考にしてみて下さい。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る