染めの着物と織りの着物の違いとは?

着物の女性

着物は実に様々な種類があります。
それは形態上の違いや生地の違いだったり、用途の違いだったりしています。

そしてそんな様々な違いの中に『織り』と『染め』の違いがあります。
この2種類の違いはどこにあるのでしょうか?

この違いを知っていると着物選びに幅ができ、よりフォーマルとカジュアルの違いを知ることが出来ます。

今回はそんな織りと染めの着物の違いを考えてみましょう。

織りと染めの違いとは?

着物の女性

織りと染めの着物の違いは簡単に言えば織る前に糸を染めるのか織ったあとに染めるのかの違いです。

もう少し詳しく書くと、『織り』は糸を使う色に種類ごとに染めて糸を掛け替えながら織ることで模様を形成していく方法です。

対して染めは白いだけで織り、後から色を染めることで色や柄をつけていきます。
織りを先染め、染めを後染めと考えると分かりやすいでしょう。

なお、織りと染めでは染めの方が格が高いとされているのが一般的なようです。

ところが近年は少し事情が変わりつつあり、より手間がかかる織りの着物の方が希少価値が高く見られるようになり、織りの方が格が上と見る向きも出始めています。

織りの着物

織りの着物は先に書いた通り、糸を先に染めたものをかけ替えながら織ることで模様や柄を作り出して生地としたものです。

主に真綿により紡がれた紬糸で織られているもの、紬が多いのですが、その他にも御召、木綿、ウールの着物でも同じ技法をとることがあり、そちらも織りの着物に分類されています。

織りの着物は主に街着としての用途に多くちょっとしたお出かけや買い物などに使われることが多いようです。

ただし帯や小物の組み合わせを工夫することにより、もうすこし改まった場所、観劇や趣味の集まりといった場にも相応しい着物として使うことが出来ます。

染めの着物

織りに対して染めの着物は先に白い生地を織り上げ、そのあと染料を流しこむことで染めたもののことです。
このため織りが先染めと呼ばれ、染めが後染めと呼ばれたりもします。

染めの着物生地はとても細い生糸で織られており、とても薄くやわらかい生地となっており、そこに染めを施したこの着物はやわらかものとも呼ばれています。

先に述べた通り織り、先染めの着物よりもこちらの染め、後染めの着物のほうが格が高いと一般的にはされています。

着用シーンとしては織りの着物が街着としてカジュアルな場で着やすい着物であることに対して染めの着物は柄つけの方法によっては気をはらないパーティーなどに出席できます。

染めの着物の素材別で見てみると絹製の場合は縮緬、羽二重、綸子、絽などがあり、木綿製の場合は浴衣など、麻製の場合は着尺など、その他ウールや近代では化学繊維で出来た着物でも染めのものがあります。

帯にも織りと染めがある

着物には織りと染めがあることを解説してきましたが帯にもちゃんと織りと染めがあります。
着物とは少し違い、織りの帯のほうがフォーマルで染めの帯のほうがカジュアルであるとされています。

このため織りの着物には染めの帯を、染めの着物りは織りの帯を合わせるととても相性が良くなります。

織りの帯は金や銀を使ったものが多く、豪華な印象を与え格調の高さを演出します。
そして染めの帯は反対にやわらかな質感により締めた時にあわらかな印象に仕上がります。

着物はレンタルで用意するのがおすすめ

織りと染めの着物、色々と種類がありますが、それぞれ用途が変わりますしその全てをそろえるのは予算的にも手入れや管理的にもとても大変なことです。

しかしだからといって全ての着物をレンタルにするというのは味気がありません。

そこで一着だけ使いやすい、使える場の多い着物を購入して用意し、時々必要になることがある着物についてはレンタルを使い着物を用意するという方法です。

これならば着物を自分専用のものを用意することで着物の所有感を感じることも出来、さらに必要となったときだけ他の着物も急いで用意する必要もなくなります。

こういった着物のレンタル店は結構各地にありますので近くのお店を事前に調べておくとよいでしょう。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る