着物の格とTPO、高級かそうでないかを分見分ける方法

着物と女性

着物はとても種類が多く、同時に使い方も細かく変化する衣類です。
使い方を誤るだけで場合によっては自分自身が大きな恥をかくだけではなくその余波は周囲にも及びます。

そんな着物をややこしくさせているのが着物の格やTPOです。
これを理解するのは少々難しく難解だといえます。

逆にどんな場においても格やTPOをわきまえた着物の着こなしをすることで高い評価を得ることも出来るでしょう。

今回はそんな着物を難しくさせている着物の格やTPOについて考えてみましょう。

着物の格とは

着物

着物の格は高い方から第一礼装、準礼装、外出着、街着や普段着や浴衣、という並びになります。

それぞれの格に属する着物の種類を見てみると

・第一礼装
打掛、黒留袖、本振袖、喪服 等

・準礼装
色留袖、訪問着、振袖、色無地、小紋 等

・外出着
付け下げ、小紋、訪問着、絞り、お召、更紗 等

・街着、普段着、浴衣
紬、絣、ウール、木綿、浴衣

以上のようになっています。

第一礼装とはもっとも特別な着物でいわゆるハレやケの日に着用します。
特に公的なイベントや儀式に着用することが多くなります。

例えば結婚式おいて花嫁が、未婚者が着用する五つ紋付の本振り袖は第一礼装となります。

準礼装は第一礼装についで格の高い着物となります。
入学式や結婚式の披露宴などへ出席する場合には華やかなこの準礼装が良いでしょう。
低一例そうに比べ着用シーンが多くなるのも特徴です。

外出着に関しては格の範囲幅が広く、様々なシーンで着用ができるため、一着もっていると使い回しがしやすい着物です。
主にちょっとしたお出かけや習い事、趣味としての着物を楽しむのならこのグループの着物を着ると良いでしょう。

街着・普段着・浴衣は着物の中でも最もカジュアルに着れる着物で遊びに行く時などや日常的に着るのにとても適しています。
ただしその反面格が一番低く、格式の高い場においては着ることが出来ませんので別の着物を用意必要ああります。

着物のTPOとは

TPOとはTime(時間)・Place(場所)・Occasion(場合)の3つの頭文字をとった略語で時と場所、場合に応じでさmざまなものを使い分けるという意味です。

着物のTPOと言う場合は時と場所、場合に合わせて着物を使い分けるということです。

例えば黒留袖と色留袖でTPOの違いを見てみましょう。

黒留袖と色留袖は形態上で違うのは色のみで柄などの規定は同じものです。
しかしその着用シーン、TPOは全くの別物です。

・黒留袖が着用できるシーン
結婚式のみ

・色留袖が着用できるシーン
結婚式、披露宴、パーティー、卒業式、観劇、お茶会、初詣

以上のように全くの別物となっています。

また黒留袖は結婚式においてとても適しているのに対して色留袖は「着ても良い」というくくりになります。
反対に色留袖が最も適しているのは披露宴やパーティーの席となっています。

また観劇も含まれていますがこちらは「場合により可」という扱いです。

このように着物が着用できる範囲が広いからといってそれがその場に一番適しているというわけでもありません。

TPOをしっかりわきまえて着物wお楽しむようにすると良いでしょう。

着物が高級品かどうか見分けるには?

着物は実に様々なものがあります。
ではそんな着物高級なものと安価なものの差はどう判断したら良いでしょうか?

着物の価格の違いを決めるものは大きく分けて3つあります。

手間暇の違い、生産ロット数の違い、生地・色・柄などの違い

以上の3つです。

とくに手間暇の違いは如実で、いかに手間のかかる技法で作られた着物であるかが高級品かどうかを分ける一番の違いといえます。

例えば先染めと後染めの違いです。

先染めは糸を先に染めておき、織りながら糸を掛け替えていくためとても手間もかかりますが仕上がりは後染めと比べて繊細に仕上がります。
このためとても高級な着物になります。

反対に後染めの場合は白無地の反物を作ってから後で柄や色を染める技法です。
先染めに比べ繊細さは欠きますが量産がしやすいため若干安価になります。

この違いは仕上がっている反物や着物を近くでよく見ると違いがわかるので判別がつきやすいでしょう。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る