結婚式で留袖を着る際の人物別の注意点を解説

黒留袖

着物には種類や格があるので「どの時に何を着ればよいか」と迷う事がありませんか。
その一つとして「身内の結婚式の場合は黒留袖」というのを聞いた事があると思います。

黒留袖といえば既婚者の女性がお召しになる第一礼装となります。
ただ、黒留袖はあまり着る機会がないという話も聞いたり、着物にあまり詳しくない人にとってはどの親族の結婚式まで着てよいのかという点で迷ってしまう事もあります。

親族の結婚式があった場合、どの着るのが適しているのか、確認をしておきましょう。

礼装は近い身内の婚礼時に

結婚式

礼装といえば既婚の女性が着るのは五つ紋付の黒留袖、未婚の女性が着る礼装として同じく五つ紋付の振袖が当てはまります。
また、未婚で30代以降の女性の場合は紋付きの色留袖を着る事があります。
礼装の場合、一般的には第一親等に当たる方の結婚式があった際に着る着物です。

第一親等は、自分と血の繋がりがある人が当てはまります。

●父親
●母親
●自分の子供

が第一親等に当てはまります。
よって、結婚して自分の子供さんが結婚した場合、もしくはご両親が再婚された場合は礼装として黒留袖などに袖を通す事になるでしょう。

場合によっては第二親等に当たる既婚の姉妹までは着る事があります。
既婚の姉妹に当たる方は黒留袖の他に色留袖や訪問着でも適していますので、ご両親などと相談された上で決められると良いでしょう。

また直接の身内ではなくても仲人さんに当たる方は黒留袖を着る機会が出てきますので、仲人の機会があった場合には黒留袖を着る事になると覚えておいてください。

正装として着る着物

一般的に第一親等に当たる身分の方が礼装を着て、その次に血のつながりのある親族は正装が適しています。

第二親等は第一親等の次に血のつながりがある

●兄弟姉妹
●祖父母
●孫

となります。

第三親等は第二親等の次につながりのある人になり、

●兄弟姉妹の子供
●叔父叔母
●曽祖父母
●曾孫

になります。

地域や家族の方針によって姉妹、おばなどが礼装をする事もありますが、一般的には既婚の女性は紋付きの色留袖や訪問着を、未婚の女性は振袖や訪問着を召される形になります。

いとこの場合はどうなるのか?

一般的には親戚様の結婚式の場合、黒留袖は適していないと考えます。

●親戚の結婚式
●友人、知人の結婚式
●七五三
●入学卒園式
●その他、○○式とつくもの

上記の際には以下の服装が適しています。

●未婚の女性の場合、振袖
●既婚の女性の場合、訪問着
●付下げ
●家紋入りの色無地

よって、いとこの結婚式の場合、未婚者であれば振袖、既婚者の場合訪問着という形で良いと考えます。

紋付きについて

結婚式に着る着物に関して、ご両親や姉妹、おじおばなど礼装、正装に当たる立場の方は紋付きにしたほうが良いです。

いとこなどに当たる結婚式に出るという事で訪問着を準備されている時に「紋付きにしたほうが良い」とおすすめされる事があるようです。
昔は訪問着に紋がついているのが当たり前にように見かけ、結婚式で着用される訪問着も紋付きというのが多かった時期もあります。

ただ最近では着物のレンタルも普及してきた事もあり、紋付きの訪問着をお召しになっている方が減ってきているというお話も聞かれるようになりました。

そのため関東の結婚式では紋なしの訪問着も見かけるようになってはきています。
ただ、地域によっては紋付きの訪問着の方が適しているという事もありますので、紋付きでも問題がないか、念のためご確認をしてみたほうが良いでしょう。

また、紋付きにする場合も1つ紋か、3つ紋かをご相談された上で決められたほうが良いです。

ご招待する側の顔をつぶさないように

着物屋さんや着付師、レンタルなどを扱って着物に詳しい方の意見として、いとこに当たる親族結婚式では「訪問着」をおすすめされる事が多いです。
理由としては失礼に当たらないからです。

これは一例になりますが、新郎新婦のご両親は通常、黒留袖を着られると思います。
ですが、式によっては格式を落とした式もあり、その場合、ご両親が紋付きの色留袖を着たり紋付訪問着を着ている事もあります。

この場合、例えばいとこに当たる方が黒留袖を着ていった場合、新郎新婦のご両親より格が上の格好となってしまい、マナー違反に当たってしまうのです。
このような例を考えるとご両親が何をお召しになっても対応出来るのは訪問着になり、失礼には当たらないのです。

逆の例もあります

一例として従妹に当たる結婚式では訪問着で良いでしょうと一般では言われています。
ですが、地域によっては結婚式の時に一族黒留袖で統一しているからとお願いされる例もあるようです。

このようにお願いされていたり他の親戚にも確認してみて黒留袖を着るというようであれば一人だけ訪問着というのも後々、問題になる可能性もありますので、場合によっては一族のしきたりと考えて黒留袖を着るという事もあります。

結婚式の服装は他の親族にも何を着ていくのか、確認を取って失礼のないように対応するのが一番良いでしょう。
状況に合わせて服装を選ぶようにして下さい。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る