結婚式に参列する際の着物の色で気を付けるべきこと

着物の女性

結婚式への参列は現代においては着物を着用する数少ないチャンスです。
しかし同時に着物のマナーについて知っている方もかなり少なくなりどのような着物がどのような場面で最適なのかということを分かる方も減っています。

さらに着物が必要な場所場というのは1人だけ恥ずかしい思いをして終わりというわけではありません。
場合によっては招待してくれた方全てに大きな恥をかかせてしまう場合すらあります。

様々な点で気をつけなければいけない着物ですがその中のひとつに着物の色という要素があります。

「え、色だけでもそんな細かいの?」と思いたくなるところですが実に着物の色も重要視されています。

そこで今回は結婚式に参列する場合に、着物の色で気をつける点を中心に見てみましょう。

結婚式で参列する場合の着物の色で気をつけるべきこと。

着物の女性

まず洋装の場合、結婚式において白色のものは禁止と言われていますが、着物の場合は白い着物を着用しても大丈夫です。

ただし、出来るだけ全身真っ白に近くなるようなものは避けましょう。
とはいえ着物の場合、真っ白になるようなことはまずありえません。

では逆に黒い着物はどうでしょうか?

着物のマナー的に着てはいけないということはとくに決まりはありません。
しかし黒い色の着物といえば黒留袖という着物があり、これが結婚式においては新郎新婦の母親が着るものです。

なのでできるだけ結婚式に参列する場合は黒い着物は避けたほうが良いでしょう。

色以外で気をつける要素

結婚式の着物で色以外で気をつける点は何があるでしょうか?

色以外で気をつける点として紋の数と着物の種類があります。

着物にはそれぞれ格式を表している紋があります。
第一礼装;五つ紋
準礼装:三つ紋
略礼装:一つ紋
といった具合です。
これらが着物の種類、デザインによって細かく分かれています。

これらを合わせて結婚式へ参列する場合に最適な着物は
三つ紋の色留袖、訪問着、振袖などが良いのではないでしょうか。

着物の種類で気をつける要素

着物には既婚者と未婚者で着るべき着物が変わってきます。

まず既婚者でも未婚者でもどちらでも着用できる着物として訪問着があります。
対して色留袖、振袖は独身女性が着るものとされています。

また反対に黒留袖は既婚者が着るものです。

振袖を着用する場合、未婚者であっても気をつけることがあります。
振袖には袖の長さの種類があり、このうち大振り袖は結婚式の主役である新婦が着るものなので大振り袖は避けて中振袖を着ると良いでしょう。

桜柄の着物はNG?

一部の意見を見てみると桜柄の着物は「桜散る」というイメージから結婚式において桜柄の着物は相応しくないとう意見が散見されます。

しかし着物の規定においてそういったことはどこにも決められていません。
何時頃から流布されたのかは定かではありませんが特に根拠の無い迷信のようなもので気にする必要はありません。

そもそも桜柄は日本を代表する花としては一番有名なものです。
めでたい席において桜柄を着ることは何もおかしいことでもなく、特に季節を選ぶ必要もありません。

ひとつ気をつけたいのが着物自体の色です。
同じ桜柄でも着物自体の色は様々なものがあります。

その中にはかなり派手なものもあります。
そういった着物を選んでしまうと結婚資金お主役である新婦よりも目立ってしまいかねません。

着物自体は出来るだけ浅い色みを選び、帯などできらびやかさを出すと良いでしょう。

手持ちに着物がない場合はレンタルがおすすめ

ここまで結婚式の参列用の着物について記述してきましたがお手持ちの着物にちょうどよいものはお持ちでしょうか?

もしそうでないのであれば、これからあたらしく着物を購入するより芋のレンタル店で借りる方法があります。

現代では着物自体着用する機会がかなり限られてきており着物が必要だからと追加で購入するのは予算の面でも手入れ、管理の面でもとても大変になります。

そこで手持ちの着物にさらに必要となった場合は着物レンタル店でのレンタルで補うという方法が一番効率的となるのでおすすめです。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る