葬式や告別式に着る着物を男女別に紹介します。

喪服の女性

人が生きる上でどうしても避けられないイベント、それが葬式です。
身内の方が無くなったにせよ、身内以外の方が無くなったにせよ基本的に葬儀というものは唐突に起きるので何も準備出来ていないままに物事を進めなければいけません。

すでに経験がある方にはよく分かると思いますがこれがまたすごい大変なのです。

しかしそんな大変な中でも礼儀やマナーを守らなければいけないということがあります。
それが葬式での着物、喪服についてです。

誰かが亡くなってからでは着物を用意するのもままなりません。
今回はそんな葬式に必要となる着物を男女別に見てみましょう。

喪服の種類

喪服の男性

通常の、喪服ではない着物には格式が設定されていますが葬式用の着物にも格式がしっかりあります。
これを間違えると恥ずかしい思いをする事にもなりますのでまずはここをしっかり抑えましょう。

・正喪服

男性と女性で少し内容が変わります。

男性は遺族または親族のみ着用できる第一礼装となります。
対して女性の場合は葬儀の喪主の方が通夜より着用することになります。

・準喪服

準喪服は喪主以外の方で亡くなった方の親族や遺族、間近で親しかった間柄の方が着ることになります。
葬儀や告別式、四十九日、一周忌まで幅広い範囲をカバーできるので万能性の高い礼服と言えます。

・略喪服

急に発生した弔事などでひとまず弔問したい場合や、一般的な会葬などに出席する場合などに着ることができます。

女性の場合は一般的な会葬にくわえ地域の葬儀へ出席する場合に着ることが可能になります。

葬儀には宗教別に形式が大きく変わりますが、基本的にこの格式はどの宗教式でも変わることはありません。

国内では一般的な葬儀としては仏式、神式、キリスト教式、さらに無宗教式がありますがそのどれらにも共通しています。

男性の葬式の着物

・正喪服

黒羽二重染抜五つ紋付きの着物と羽織
袴は仙台平または博多平
半襟と長襦袢は白もしくは黒またはグレーの羽二重
帯は博多織の角帯

・準喪服

細い縞柄の着物と黒羽二重五つ紋付きの羽織
袴は仙台平
半襟と長襦袢は白もしくは黒またはグレー
帯はできるだけ地味な色の角帯

・略喪服

地味めの御召
紬の着物に一つ紋もしくは三つ紋の羽織
袴は仙台平もしくは着用なし
半襟と長襦袢は白もしくはグレー
帯はできるだけ地味な色の角帯

女性の葬式の着物

・正喪服

黒無地の染抜五つ紋の着物
生地は関西では黒の一越縮緬、関東では黒の羽二重と違いがあります
半襟と長襦袢は白
帯は黒の袋帯もしくは名古屋帯
髪飾りや帯止めは不要


・準喪服

色無地の一つ紋もしくは三つ紋の長着
帯は黒
半襟と長襦袢は白
髪飾りや帯止めは不要

・略喪服

寒色系の無地に一つ紋もしくは三つ紋の半喪服
もしくは色無地または小紋の地味めな長着
半襟と長襦袢は白
帯は黒無地
髪飾りや帯止めは不要


○葬儀でのアクセサリーなど

基本的に過度に飾ることはしないようにします。

髪型も小さめにまとめたり、ロングの方はアップにして、セミロングの方は目立たない色のピンなどで留めて顔に掛からないようまとめます。

ショートヘアの方はそのままで良いでしょう。

メイクは紅をささないように注意しましょう。
マニキュアやマスカラ、アイシャドーも使わないようにします。
口紅も色以外にも光沢があるものは避けると良いでしょう。

アクセサリーは基本つけないほうが望ましいと言われています。
婚約指輪もしくは結婚指輪以外は外すようにしましょう。

葬式用の着物はレンタルという手も

葬式というものは本当に急にやってきます。
人によっては衣装の用意が間に合っていない方も居るのではないでしょうか。

こういう時に頼りになるのが着物レンタル店です。
着物レンタル店ではこういった葬式用の衣装も扱っているところは多く、店舗側も葬儀用の衣装は急ぎ必要であることは前提として対応してくれます。

今現在衣装が必要でないという方でもひとまず近隣の着物レンタル店の位置や貸出衣装のタイプを調べておくと良いのではないでしょうか。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る