訪問着はどういう時に着るの?色留袖と何が違うの?

訪問着

一口に着物といってもたくさん種類があります。
成人式で着る振袖をはじめ訪問着、色留袖、黒留袖、付け下げなどです。

着物を着る時に訪問着をおすすめされる事がありますが、訪問着はどのような格式でどういう時に着るのが正しいのか、など理解しきれていないで袖を通しているという方もいらっしゃるかもしれません。
興味を持った良いきっかけにもなりますので今回は訪問着について理解してみましょう。

未婚者も既婚者も着れる着物

訪問着

訪問着は下のすそと帯より上の部分に模様が入っている着物で縫い目をまたいで柄がつながっています。

比較的、年齢が若い方の場合、明るい色合いで絵羽模様が入っているものを召される傾向が多く、年配の方は比較的落ち着いた色柄のものを召される事が多いです。

訪問着の特徴としては未婚者、既婚者、どちらも着る事が出来ます。

色々なシーンで活躍します

訪問着は正装扱いで利用できるため、以下の場に適しています。

●結婚披露宴の出席時
●入学式
●卒業式
●お宮参り、七五三などのお参り
●クラス会
●お見合い
●お茶会時の着物として
●パーティーやイベントなどの出席

などです。
また、これらのイベント時だけでなく、他のお宅へ訪問する時に着ていくのにも適しています。

格を上げる事も出来る訪問着

訪問着は着物の格でいうと色留袖より下に当たるのですが、紋を入れることによって格を上げる事が出来ます。
一つ紋を入れる事で準礼装として扱う事が出来ます。

一つ紋つきの準礼装にすると結婚式や重要なお茶会等にお伺いする際にふさわしい礼装になるのですが、格式的に手軽に着れないシーンなども出てきてしまうので紋付と紋なしの両方を所有しているという方、必要に応じて縫い紋で対応している方も多くいます。

訪問着と色留袖の違いが知りたい

着物にあまり詳しくない方から見ると訪問着と色留袖の違いが分かりにくいと感じる事が多いようです。

先ほどの訪問着は未婚者、既婚者どちらも召される着物ですが、色留袖は一般的に既婚者の正装とされており、格式も色留袖の方が訪問着より上になります。

ここ最近では年配の未婚者も色留袖を召される傾向があります。

まず見た目の違いでは「模様」が当てはまります。
訪問着は着用していない状態で広げると模様がつながっているという特徴があります。帯の上に当たる部分にも模様が入っているので絵画のようになっています。

一方、色留袖の場合は裾部分のみに模様が入っている黒以外の留袖です。
その為、帯から上の部分に模様が入っているかいないかで大まかに判別する事が出来ます。

帯から上の部分に模様が入っているようであれば訪問着、模様が入っておらず、裾のみの模様が入っている場合は色留袖という事になります。

また、訪問着、色留袖共に紋をつける事によって格を変える事が可能で

・色留袖は五つ紋つきにする事で第一礼装、一つ紋にする事で準正装
・訪問着は一つ紋にする事で準正装、文無しにする事で略礼装

として使い分ける事が出来ます。
この紋付きに関してはつける数で格式が変わりますので、最近では縫い紋にする事で格を変化させて召される方が増えてきています。

色留袖を着る機会といえば、身内の婚礼行事が当てはまります。
身内という事で招待する側になりますから格の高い色留袖を着るのが適しています。

その反面、色留袖はちょっとしたイベントやおよばれなどに着ていくには格が高く、その場に合わないという事もありますので、この場合はどちらかというと訪問着を着ていく方が適しているなどもあります。

また、訪問着は身内の婚礼には適していません。
ご友人、知人などご親族以外の結婚式の場合は訪問着が適していますので、このように用途に合わせて選択するようにします。

色留袖、訪問着の最近の傾向

このように色留袖、訪問着の特徴などを見ていると何となく違いが把握できたと思います。
色留袖は格が高い分、身内の結婚式の時ぐらいで他にあまり着る機会がないとい状況の方も多いです。

その為、最近では必要に応じてレンタルを利用しているという方も増えてきています。

一方、訪問着は利用用途も多く、比較的着る機会も多いので自分の訪問着を何着かもっていらっしゃる方もいますが、あまり着る機会が少ないという方は色留袖同様にレンタルを利用しているという方も多い傾向にあります。

訪問着は用途に合わせて

訪問着は着る機会が多いのですが、どのような訪問着を着るのか、選ぶポイントがあります。
例えば結婚式などに着ていくのがメインとして考えているようであれば華やかな柄を選ぶようにします。

パステルカラーや落ち着いたピンク地のものを選んだり、色が濃い目の生地でも吉祥柄を選ぶ事で婚礼時に適した訪問着になります。
お茶会などに行く機会が多いようであれば柄が小さめの訪問着が適しています。

洋服と違い、普段着る事が無い色でも着物では合うという事が多いのでまずは合わせてみる事をおすすめします。
四季の花文様や吉祥柄は訪問着を選ぶ時におすすめですので参考にしてみて下さい。

また、訪問着を購入したりレンタルを利用する時に、自分で帯だけは所持している、もしくは使いたい帯があるという場合は帯も一緒に持っていって選ぶようにしたほうが失敗しません。

これらを踏まえて自分に合った訪問着を探してみましょう。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る