黒留袖の歴史について解説します。

留袖

既婚者の女性が着る第一礼装といえば黒留袖です。
着る機会も新郎新婦のお母様、仲人様、場合によっては姉妹やおばなどが着るなど、あまり袖を通す機会がない着物でもありますので関心が薄いかもしれません。

黒留袖にはどのような歴史があるのでしょうか、遡ってみましょう。

元々は振袖だった

結婚式

黒留袖は名前のとおり、裾部分に吉祥柄などの模様が入った黒い留袖です。
この留袖の元となるのが振袖となります。

鎌倉時代あたりから男女問わず子供の着物として振袖と呼ばれる着物が着られています。
この当時の振袖は身八つ口(脇の部分の開き)と袖八つ口(袖部分の開き)があるので体温が高めの子供の体温調整に適していたためといわれています。

最初は帯ではなく付け紐を巻いていたのですが、後で帯を巻くようになりました。
このあたりから振りの部分もつくようになっています。
振袖の振りの部分に関しては諸説あり、踊り子さんや歌舞伎役者などが振りをつけた事から一般の人にも振りがつくようになったなどがあります。

既婚者としての袖の変化

振袖は普段から着る着物として着られていましたが、既婚者になったり18歳ぐらいの年齢になると袖を短くして身八つ口部分も縫ってふさいだ着物を留袖として着る習慣が出来ました。

留袖はなぜ振りの部分を切ったのかというのには理由があります。

振袖の袖は袖の振り方で悲しみやお誘い、憐れみなど幅広く愛情表現をしていたのですが、結婚する事でこれらの表現をする必要がなくなるので振りの部分は不要になるのです。

その為、振りの部分をなくして留袖にしていました。

何故、留袖とよばれるようになったのかというと「袖を切って短くする」という表現を別の表現にした事からです。
袖を切るという言葉が縁を切るという意味にも繋がり、縁起がよくないという事から留めるという言葉で表現されるようになりました。

当時は留袖はハレの日に着る着物ではなく、既婚女性が着ている普段着という扱いでした。
この事から留袖というのは「既婚女性が着る着物」として今に伝わってきているのです。

式の際に使われていた黒留袖

黒留袖は裾の部分に模様が入った黒地の着物で紋が入っていますが、近世風俗志(守貞謾稿)でも既に黒留袖に関する記録が残っており、江戸時代の後期には黒留袖が式の際の着物として着られていました。

何故、礼服が黒なのかというのも定かではないですが、明治時代の舶来の影響で西洋文化で知られていたブラックフォーマルが影響しているといった説があります。

紋付きで格が変わります

黒留袖は紋付きになりますが、この紋付きの数で格が変わります。
一番上の格は五つ紋付です。

両胸の部分と両袖、背中の中央にそれぞれ紋がつきます。

その次は三つ紋付きになり、両袖と背中の中央の三箇所に紋がつきます。

その次に一つ紋付きになり、背中の中央の一箇所に紋がつきます。

ですが、黒留袖の場合は五つ紋つきが多いです。
三つ紋や一つ紋などは需要や用途が少ないためにほとんど見かける事はありません。
それだけ、黒留袖というのは格が高い礼服だというのがお分かりになると思います。

本来は染め方でも格が違い、染め抜き日向紋での五つ紋付きが最上格とされていますが、最近では縫い紋での紋付きが増えてきています。

江戸褄と留袖は違うのでしょうか?

着物の話で「江戸褄」という言葉を聞いた事があると思います。
裾から褄にかけて入って模様が入った五つ紋の黒留袖の事を江戸褄と呼ぶようになっています。
この江戸という言葉の由来については江戸時代の大奥や江戸深川の芸者さんなど諸説あります。

元々、江戸褄というのは両側の褄部分に模様が入っているものでした。
その模様が左右対称となっていたのです。

昔は左右対称というのは縁起が良いと言われていたことから、礼装となっていた黒留袖に江戸褄を入れていたのです。
黒留袖を江戸褄と呼んでいるという名前の違いがありますが、当時の黒留袖はほとんどが江戸褄模様だった事からそのまま、黒留袖を江戸褄と呼ぶようになったのです。

なので今現在でも一般的に江戸褄は黒留袖を指している事になります。

宮中では慶事には着る事はありません

黒留袖に関して利用されないという例もあります。
宮中では皇族方に当たる方は黒留袖を着ないことで知られています。

なぜかというと黒は喪の色だからという理由です。
その為、皇族方は色留袖の五つ紋を着るという習慣があります。

おすすめは比翼仕立てです

昔の黒留袖は下着に当てはまる襦袢の上に白羽二重のきものを着て黒留袖という形で重ねて着ていました。

今ではこのように重ねて着るという仕立てはしておらず、衿、袖口、振り、衽の部分に白羽二重の生地を縫いつけており、重ねてきているように見える仕立になっています。

これは比翼仕立てと呼ばれ、襦袢の上に留袖比翼仕立ての2枚を着るため、重くならず負担も少ないので現在は比翼仕立てが主流になっています。

このように黒留袖にも色々な歴史があるというのがわかりましたよね。
着る回数は少ないですが、機会があったら是非、袖を通してみて下さい。

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る