普段着として着物を着る際の着物の選び方や保存方法を紹介

タンス

近年着物を日常的に着用されている方はあまり見かけなくなりました。
しかしそれを逆に見れば着物を日常的に着ている方はとても魅力的に見えるということでもあります。

最近はそういった考えからか少しづつではありますが着物を普段着として着てみようと言う方が増えつつあるようですね。

しかし着物はこれまで慣れ親しんだ洋服とは大きく勝手が違い、簡単ではありません。
物によってはとても手間のかかるものもあるので普段着として使う着物選びは知識無しで行うのはとても危険です。

今回はそんな普段着として着物を着るにはどのような物を選んだら良いのか、運び方や保存方法はどうしたら良いのかについて見てみましょう。

普段着に適した着物

着物

着物というとイメージとしては格の高い、洋装で言えばフォーマルドレスに該当するものというふうな認識をされている方も多いかと思います。

しかし実際には格の高い着物から低いもの、カジュアルに着ることが出来る着物まで酒類は様々なものがあります。

そこで日常的な普段着として使いやすい着物をピックアップしてみると

御召などの降りの着物
木綿、ウールなどの着物
ウールの着物
小紋の着物(ポリエステルや正絹)

といった着物になってきます。

8月などのかなり暑い時期になってくるとここに浴衣なども加えても良いでしょう。

振袖や訪問着といったものは日常的な普段着としては向いていません。
こういった着物は特別なときに着るようにしましょう。

とくに訪問着は名前がちょっとしたお出かけに使えそうですが意外と使える場面は格の高い場が多いので勘違いされがちです。

また小紋の中には正絹のものがありますが見た目がとても格が高くなりがちです。
管理も他の素材に比べて難しくなるので初めてという方には難易度が少し高いと思ったほうが良いでしょう。

着物の運び方

普段着として着物を使う場合、自宅だけではなく出かけ先で着替えるということもありますよね。
では着物はどうやって運んだら良いかということになってきます。

一番良いのは着物用のバッグを使用することです。
あまり知られていませんし初心者のかたは特に知らないかと思いますが着物用のバッグが存在します。

着物は通常の旅行バッグに入れてしまうとシワになりやすくとてもではありませんがおすすめはできません。

この着物専用バッグは着物を細長く折りたたんだものを固定するためのゴムバンドが付いているという点です。

こういった銭湯バッグを使わない場合は、ふろしきに着物やその他必要になるものを一つにまとめ、地面と水平になるように持ち歩くと良いでしょう。

専用の入れ物がない場合は地面と垂直になるように運ぶのは厳禁です。

着物の保存方法

着物を普段着として着るとしても、季節により着物は変化します。
そのため使わない着物は何処かに保存することになりますね。

ではその時注意することはどんなことがあるでしょうか?

着物を保存する点で注意しなければいけないのは

たたみ方
湿気
防虫

この3つです。

着物はたたみ方を間違えると簡単にシワが入る他、色や箔が落ちやすくなります。
かならず正しい折り目で長方形になるようにたたみましょう。

そして湿気についてです。
着物は湿気に弱く縮みの原因になったり、カビが発生しやすいので特に注意が必要です。

保存場所自体の湿気もですが、着物を脱いだ時に風通しの良い日陰で着物用ハンガーを使い半日ほど干してからしまうのが良いでしょう。

タンスや衣装箱もできるだけ湿気に強いものを選ぶと良いでしょう。
スチール製やプラ製品は密閉性は高く防虫効果は高いのですが防湿性は高くありません。

また半年に1回は収納場所から着物を出して日陰で風通しの良い所で干しましょう。

最後に防虫に関してです。
特に正絹製は虫に狙われやすいので気をつけたいところです。

このため防虫剤を使いたいところですが、防虫剤は複数使うと思わぬ化学反応を起こしてしまい変色を起こしてしまったりシミになってしまったりするのでかならず1種類だけにしてください。

乾燥剤も同じように複数種類使うのは厳禁です。

また防虫剤、乾燥剤は直接着物に触れないように注意しましょう。

成人式の振袖に合わせる髪型をランキングで解説します。

成人式の女性

人生一度きりの晴れ舞台の成人式、自分自身が大人になったことを認識し、社会人として自立していく大事な節目です。

よくテレビ中継などでもニュースで見かけると思いますが見渡す限り綺麗な振袖着物を身にまとった女性の姿が目に映ります。

みなさん思い思いに自分に似合う着物を探して着たりしていますがこういった映像を見ているとちょっと気になる部分もあります。

それは着物は綺麗なのに髪型がきまっていなくてちいぐはぐな状態になっている方がちらほらを見かけられるという点です。

その状態になっているのは予算的な問題など様々ではありますが、一番の問題は着物に似合う髪型を合わせるという考えに至っていないことが挙げられます。

そこで今回は成人式の振袖に合わせる髪型をランキング形式で見てみましょう。

振袖に合わせる髪型ランキング!

成人式の女性

それではざっくりと振袖着物に似合う髪型を5つ、ランキングで見てみましょう。

第5位 サイドアップスタイル
第4位 お団子スタイル
第3位 ツインテール
第2位 アップスタイル
第1位 編みこみスタイル

以上のようになっていました。

各々は後で解説しますが全体に見て分かるのは振袖着物に合わせる髪型はボリューム感を出すものが多いということですね。

ではそれぞれについてもう少し詳しく見てみましょう。

第5位 サイドアップスタイル

サイドアップとは文字通り髪の毛の一部を左右片方に束ね上げた髪型です。
左右両方をむずんでいる場合はツーサイドアップと呼ばれ、左右どちらか片方だけの場合はワンサイドアップと呼ばれます。

着物を切る場合髪の毛はできるだけ全体をアップにするのが望ましいのですが、全部アップするのはちょっと気が引ける・・・
そんな方にこのサイドアップは高い人気があります。

第4位 お団子スタイル

振袖に合わせる髪型としてのできるだけうなじを見せてボリューム感を出すというものがあります。
このお団子スタイルはそのどちらも満たしておりなおかつとても可愛い感じに仕上がります。

特に今流行なのは固めに縛ったお団子ではなくゆるくふわふわにまとめたお団子です。

頭頂部に作ったり少し後ろに作ったり、または複数作ったりとバリエーションは様々です。

第3位 ツインテール

近年人気のスタイルがこのツインテールです。
振袖という和装には一間不釣り合いそうなイメージのツインテールですがこれが意外と似合うんですよ。

こちらもうなじを見せる、ボリュームを出すという条件を満たすので現代風でありながら着物にとても似合った、可愛らしい見た目になります。

髪の毛はできるだけストレートよりもカールさせたほうがボリュームも出るのでおすすめです。

第2位 アップスタイル

着物の定番スタイルことアップスタイルは成人式の振袖にに限らず様々な着物でも人気が高い髪型です。

人気があるだけに個性が出にくいと感じるところもありますがこれが意外とバリエーションが多くあります。

見た目もとてもすっきりした印象から迫力のある印象まで様々です。

前髪を残すか一緒に巻き込んでしまうかだけでもかなり変わってきますので色々パターンを探してみると面白いでしょう。

第1位 編みこみスタイル

やはり一番人気の髪型がこちら、文字通り髪の毛を編み物のように編みこんだ編みこみスタイルです。

この編みこみスタイルの良いところは、他のスタイルを取り込みながらできるという点です。
それだけに髪の毛の量が必要となるため、神が短い方には選択できないタイプでもありますが。

編みこんだ髪の束の太さや数の変化をさせることでバリエーションは千差万別です。

人気が高いだけに編みこみというジャンルに限れば個性が埋没してしまいそうですがバリエーションの豊富さがそれをカバーしています。


ランキングを見てみると上位に来るほどスタイル内のバリエーションが豊富なものという印象がありますね。

人気が高いほどに同じような髪型の人が溢れて個性が無くなりそうな印象がありますが、これだけバリエーションがあるのであればそういうこともなさそうです。

しかし下位のスタイルは単純に選ぶ人が減るのでおsの分個性が強調されます。
どの髪型を選んでも可愛いのは一緒なのでこの記事を参考に髪型選びをしてみてはどうでしょうか?

和装の結婚式で花婿が着る着物を解説します。

紋付袴

人生の門出、最大の山場の筆頭である結婚式では様々な形式があります。
国内においては主に神式、仏式、キリスト式が多いようです。

よく話題に上がるのが女性の着物やドレスの話題ですが男性の衣装についてはみなさんどのくらいご存知でしょうか?

近年は和装がブームにもなってきており結婚式を和装の尾着物で執り行いたいという方も多くなってきました。

そこで今回は結婚式における花婿の着物について見てみましょう。

重要なのは花嫁と花婿の格を合わせること

紋付袴

和装でも洋装でも言えることですが結婚式の衣装について一番気をつけなければいけないのは衣装の格を花嫁と花婿どちらも同じ格にして合わせるということです。

これを知らずに「この着物より別のあれの着物が良い」と格が違うものを選んでしまうと相手側の家族に大変失礼ですし、式場でとても大きな恥をかいてしまうことになります。

かならずこの点は最初に抑えておいてください。

花婿の着物の種類

女性の結婚式用の着物は意外と色々と種類がありますが、男性向けの着物は実はそれほど種類がありません。

大きく分けて2種類、正礼装の黒五つ紋付き羽織袴と略礼装の色紋付き袴が花婿用の和装着物となります。

黒五つ紋付き羽織袴

黒五つ紋付き羽織袴は男性の第一礼装という位置づけの着物です。

結婚式で着ることが有名ですがそれ以外にも結納、葬儀、式典といった冠婚葬祭などの場面で着ることができる着物です。

よく「紋付袴」という単語を聞いたことがあると思いますがこれは黒五つ紋付き羽織袴と同じ意味で呼びやすく短縮されたものです。

内訳としては黒色無地の羽二重の羽織(背中中心、両胸、外袖両方の5箇所に染め抜きの紋入)、羽織と同素材での白羽二重の付け比翼仕立て長着(羽織と同じ位置に紋入)、縞織の仙台平袴となっています。

また小物類は全て白色で統一されています。
大体テレビなどでも見かける紋付袴のイメージそのものと思ってよいでしょう。

黒五つ紋付き羽織袴には名前通り紋を入れるわけですがこれは花婿の家の家紋をいれることになります。

近年は結婚式用に着物を購入することは減り、レンタルを使うことが多いのですがその場合は家紋が分かる場合はその紋を張り替えることが大体の店舗で可能です。

最初のほうで花嫁と花婿の衣装の格を合わせることが重要だと書きましたが黒五つ紋付き羽織袴と同格となる花嫁の着物は白無垢、色打ち掛け・黒引き振袖・大振袖となっています。

色紋付き袴

色紋付き袴は黒五つ紋付き羽織袴とは違い略礼装にあたります。
よって披露宴のお色直しやパーティー、2次会といった場で着るほうが良いでしょう。

黒五つ紋付き羽織袴とは違い、カジュアルな部類となるので花嫁の着物である白無垢といったフォーマルなものとは釣り合いが取れません。

色が違うほかは基本的に黒五つ紋付き羽織袴と同じです。

サイズ合わせの試着

結婚式に和装でいこうと決めたら早速着物の試着をしてみましょう。
ではどんな点に気をつけたら良いかといえば体型にあうサイズかどうかということです。
レンタルで借りる場合には特に重要なところですね。

試着時にチェックするべきポイントとなるのは

羽織のサイズが体に合うかどうか
袴の長さは合っているか
肩幅など全体のバランスは合っているか
腕の長さ(裄丈)は合っているか
花嫁の衣装とちぐはぐではないか

以上のことをしっかり確認すると良いでしょう。

大体の場合、レンタル店ではその場の担当者がしっかりと教えてくれるので迷うことはそうないとは思います。

紋付袴は姿勢が命

紋付袴には洋装のように肩パットが入っていません。
これがどういうことかというと少しでも猫背になるとやつれたような疲れたような印象に見えます。

少し大変ですが結婚式の最中だけでも下腹部にしっかり力を入れて背筋を伸ばし胸を貼ることで凛々しい男性の印象になるので頑張って力を入れて乗り切りましょう。

和装の結婚式で花嫁が着る着物を解説します。

振袖の女性

人生で大きなイベントのひとつに結婚式があります。
神式キリスト式と、形式は様々ですがそんな時に重要なものとして花嫁衣装があります。

現代では着用する機会がすっかり減ってしまった着物ですが中でも未婚の方が着ることの出来る振袖を着用できる最後のチャンスでもあります。

しかし、着る機会がないだけに結婚式の着物について詳しく知っている方はあまり多くありません。

今回は結婚式での和装、着物について見てみましょう。

和装着物を着る結婚式は?

結婚式

結婚式の方式は様々あります。
中でも国内で多いものは神前式、仏前式、キリスト教式、人前式の4つでしょう。

このうち和装着物で結婚式をおこなうのは神前式、仏前式、人前式の3つです。

・神前式

神社にておこなわれる結婚式なので古くからある、歴史長いイメージがありますが結婚式を神社で行うようになったのは実は100年そこそこ前で、意外と近代となってからです。

・仏前式

あまり知っている方が少ないのですがお寺にておこなわれる結婚式です。
結婚した夫婦は死後、来世でも再び縁があるという仏教の考え方を元にした結婚式の方式です。

神前式のように一般的ではないためホテルなどで対応してくれるところが少なく、寺院などでおこなわれます。

・人前式

宗教は無関係に、結婚する夫婦の身内や友人に対して血痕を誓うタイプの結婚式です。
宗教が無関係なので創作性が高く近年人気のあるスタイルです。
衣装も特に制限がないため着物を選ぶ方も多いようです。

結婚式の和装着物

では結婚式で花嫁が着用する着物について見てみましょう。
ひとくちに結婚式の和装着物といっても種類が幾つかあり、大きく分けると白無垢、打掛、振袖の3種類となります。

・白無垢

和装の結婚式では一番印象のある着物ではないでしょうか。

白無垢は和装の結婚式の中では一番格式が高い衣装となっており、挙式以外では居ることが出来ない特別なものです。

衣装としての打掛と掛け下、その他の必要となる小物類もすべてが白色に統一されています。

これは古来より日本では白色が神聖な色とされており祭事に用いられてきたからです。

また白無垢といえば頭にかぶる白い袋のような帽子、綿帽子が特徴的です。
これは元々は室町時代の女性の防寒具として用いられてきたものでしたが現代では結婚式でも用いられるようになりました。

・打掛

打掛の着物は江戸時代に帯を締めた状態の小袖に上からさらにサイズの大きい小袖を羽織った(これを打ち掛けたと言います)状態の着物で主に武家の女性が来ていました。

白無垢も厳密には打掛ですがここでは白無垢以外の色のついた打掛を指します。

結婚式で打掛が使われるようになったのは以外に短く明治時代からとなっています。

見た目にきらびやかでとても豪華な印象がありますが問題が一つあり、それは重量がとても重くなるということです。

カツラも含めると全身ずっしりとした重量になり、厚みもあるためとても動きづらく女性が長時間着ているのは大変です。

結婚式で打掛を選ぶ場合はそのあたりも考慮して考えるようにしましょう。

・振袖

結婚式の着物として印象に強い振袖は結婚式で使うものは引き振袖と中振袖の2種類です。
この内中振袖は成人式などで着るものと同じものとなります。

引き振袖は結婚式でよくみる裾を引きずるように伸ばした着物で結婚式では人気の高い着物です。

打掛よりは格式が下になりますが打掛がとても重く動きづらいのに対して振袖は軽く動きやすいという特徴の違いがあります。

ただし、打掛に比べて重厚感がないので結婚式で付けるカツラを付ける場合、頭が大きく見えてしまいがちなのが欠点といえます。

振袖を着る場合はカツラではなく洋風な自髪を結ったヘアセットにするなどにすると良いでしょう。

ただし、神前式や仏前式で神社やお寺で行う場合は、綿帽子や角隠しを付ける必要があります。

葬式や告別式に着る着物を男女別に紹介します。

喪服の女性

人が生きる上でどうしても避けられないイベント、それが葬式です。
身内の方が無くなったにせよ、身内以外の方が無くなったにせよ基本的に葬儀というものは唐突に起きるので何も準備出来ていないままに物事を進めなければいけません。

すでに経験がある方にはよく分かると思いますがこれがまたすごい大変なのです。

しかしそんな大変な中でも礼儀やマナーを守らなければいけないということがあります。
それが葬式での着物、喪服についてです。

誰かが亡くなってからでは着物を用意するのもままなりません。
今回はそんな葬式に必要となる着物を男女別に見てみましょう。

喪服の種類

喪服の男性

通常の、喪服ではない着物には格式が設定されていますが葬式用の着物にも格式がしっかりあります。
これを間違えると恥ずかしい思いをする事にもなりますのでまずはここをしっかり抑えましょう。

・正喪服

男性と女性で少し内容が変わります。

男性は遺族または親族のみ着用できる第一礼装となります。
対して女性の場合は葬儀の喪主の方が通夜より着用することになります。

・準喪服

準喪服は喪主以外の方で亡くなった方の親族や遺族、間近で親しかった間柄の方が着ることになります。
葬儀や告別式、四十九日、一周忌まで幅広い範囲をカバーできるので万能性の高い礼服と言えます。

・略喪服

急に発生した弔事などでひとまず弔問したい場合や、一般的な会葬などに出席する場合などに着ることができます。

女性の場合は一般的な会葬にくわえ地域の葬儀へ出席する場合に着ることが可能になります。

葬儀には宗教別に形式が大きく変わりますが、基本的にこの格式はどの宗教式でも変わることはありません。

国内では一般的な葬儀としては仏式、神式、キリスト教式、さらに無宗教式がありますがそのどれらにも共通しています。

男性の葬式の着物

・正喪服

黒羽二重染抜五つ紋付きの着物と羽織
袴は仙台平または博多平
半襟と長襦袢は白もしくは黒またはグレーの羽二重
帯は博多織の角帯

・準喪服

細い縞柄の着物と黒羽二重五つ紋付きの羽織
袴は仙台平
半襟と長襦袢は白もしくは黒またはグレー
帯はできるだけ地味な色の角帯

・略喪服

地味めの御召
紬の着物に一つ紋もしくは三つ紋の羽織
袴は仙台平もしくは着用なし
半襟と長襦袢は白もしくはグレー
帯はできるだけ地味な色の角帯

女性の葬式の着物

・正喪服

黒無地の染抜五つ紋の着物
生地は関西では黒の一越縮緬、関東では黒の羽二重と違いがあります
半襟と長襦袢は白
帯は黒の袋帯もしくは名古屋帯
髪飾りや帯止めは不要


・準喪服

色無地の一つ紋もしくは三つ紋の長着
帯は黒
半襟と長襦袢は白
髪飾りや帯止めは不要

・略喪服

寒色系の無地に一つ紋もしくは三つ紋の半喪服
もしくは色無地または小紋の地味めな長着
半襟と長襦袢は白
帯は黒無地
髪飾りや帯止めは不要


○葬儀でのアクセサリーなど

基本的に過度に飾ることはしないようにします。

髪型も小さめにまとめたり、ロングの方はアップにして、セミロングの方は目立たない色のピンなどで留めて顔に掛からないようまとめます。

ショートヘアの方はそのままで良いでしょう。

メイクは紅をささないように注意しましょう。
マニキュアやマスカラ、アイシャドーも使わないようにします。
口紅も色以外にも光沢があるものは避けると良いでしょう。

アクセサリーは基本つけないほうが望ましいと言われています。
婚約指輪もしくは結婚指輪以外は外すようにしましょう。

葬式用の着物はレンタルという手も

葬式というものは本当に急にやってきます。
人によっては衣装の用意が間に合っていない方も居るのではないでしょうか。

こういう時に頼りになるのが着物レンタル店です。
着物レンタル店ではこういった葬式用の衣装も扱っているところは多く、店舗側も葬儀用の衣装は急ぎ必要であることは前提として対応してくれます。

今現在衣装が必要でないという方でもひとまず近隣の着物レンタル店の位置や貸出衣装のタイプを調べておくと良いのではないでしょうか。

染めの着物と織りの着物の違いとは?

着物の女性

着物は実に様々な種類があります。
それは形態上の違いや生地の違いだったり、用途の違いだったりしています。

そしてそんな様々な違いの中に『織り』と『染め』の違いがあります。
この2種類の違いはどこにあるのでしょうか?

この違いを知っていると着物選びに幅ができ、よりフォーマルとカジュアルの違いを知ることが出来ます。

今回はそんな織りと染めの着物の違いを考えてみましょう。

織りと染めの違いとは?

着物の女性

織りと染めの着物の違いは簡単に言えば織る前に糸を染めるのか織ったあとに染めるのかの違いです。

もう少し詳しく書くと、『織り』は糸を使う色に種類ごとに染めて糸を掛け替えながら織ることで模様を形成していく方法です。

対して染めは白いだけで織り、後から色を染めることで色や柄をつけていきます。
織りを先染め、染めを後染めと考えると分かりやすいでしょう。

なお、織りと染めでは染めの方が格が高いとされているのが一般的なようです。

ところが近年は少し事情が変わりつつあり、より手間がかかる織りの着物の方が希少価値が高く見られるようになり、織りの方が格が上と見る向きも出始めています。

織りの着物

織りの着物は先に書いた通り、糸を先に染めたものをかけ替えながら織ることで模様や柄を作り出して生地としたものです。

主に真綿により紡がれた紬糸で織られているもの、紬が多いのですが、その他にも御召、木綿、ウールの着物でも同じ技法をとることがあり、そちらも織りの着物に分類されています。

織りの着物は主に街着としての用途に多くちょっとしたお出かけや買い物などに使われることが多いようです。

ただし帯や小物の組み合わせを工夫することにより、もうすこし改まった場所、観劇や趣味の集まりといった場にも相応しい着物として使うことが出来ます。

染めの着物

織りに対して染めの着物は先に白い生地を織り上げ、そのあと染料を流しこむことで染めたもののことです。
このため織りが先染めと呼ばれ、染めが後染めと呼ばれたりもします。

染めの着物生地はとても細い生糸で織られており、とても薄くやわらかい生地となっており、そこに染めを施したこの着物はやわらかものとも呼ばれています。

先に述べた通り織り、先染めの着物よりもこちらの染め、後染めの着物のほうが格が高いと一般的にはされています。

着用シーンとしては織りの着物が街着としてカジュアルな場で着やすい着物であることに対して染めの着物は柄つけの方法によっては気をはらないパーティーなどに出席できます。

染めの着物の素材別で見てみると絹製の場合は縮緬、羽二重、綸子、絽などがあり、木綿製の場合は浴衣など、麻製の場合は着尺など、その他ウールや近代では化学繊維で出来た着物でも染めのものがあります。

帯にも織りと染めがある

着物には織りと染めがあることを解説してきましたが帯にもちゃんと織りと染めがあります。
着物とは少し違い、織りの帯のほうがフォーマルで染めの帯のほうがカジュアルであるとされています。

このため織りの着物には染めの帯を、染めの着物りは織りの帯を合わせるととても相性が良くなります。

織りの帯は金や銀を使ったものが多く、豪華な印象を与え格調の高さを演出します。
そして染めの帯は反対にやわらかな質感により締めた時にあわらかな印象に仕上がります。

着物はレンタルで用意するのがおすすめ

織りと染めの着物、色々と種類がありますが、それぞれ用途が変わりますしその全てをそろえるのは予算的にも手入れや管理的にもとても大変なことです。

しかしだからといって全ての着物をレンタルにするというのは味気がありません。

そこで一着だけ使いやすい、使える場の多い着物を購入して用意し、時々必要になることがある着物についてはレンタルを使い着物を用意するという方法です。

これならば着物を自分専用のものを用意することで着物の所有感を感じることも出来、さらに必要となったときだけ他の着物も急いで用意する必要もなくなります。

こういった着物のレンタル店は結構各地にありますので近くのお店を事前に調べておくとよいでしょう。

季節に合わせて着る袷と単衣と薄物とは?

着物「の女性

夏、とても暑いですよね。
禁煙は気候変動によりより暑く、そして暑い時期が長くなってきています。

寒暖の変化というと日常生活においては衣替えが行われる時期でもあります。
洋服においては一般的な衣替えですが、和装の着物にもしっかりと衣替えがあります。

しかしこの着物の衣替え、あまり詳しく知っているという方は着物を日常的に着るという習慣が減った現代ではあまりいません。

それに着物の衣替えは洋服と違い少し細かな違いがあったりしています。

そこで今回は着物の中で寒い時期に着る袷、暑くなってきた頃に着ることになる単衣、薄物について見てみましょう。

季節に寄る着物の使い分け

着物の女性

おおまかに分類すると寒い時期に着るのが袷、気温が上がってきて最も暑い時期を通して少しおちついて来る頃まで着るのが単衣、薄物となっています。

それぞれをもう少し詳しくみてみると

袷:10月~5月の間、いわゆる春・秋・冬に着る
単衣:6月、9月の春と夏の境目または夏と秋の境目に着る
薄物:最も暑くなる7月~8月の盛夏に着る

このように明確に分かれています。

しかし近年は気候変動により暑い時期が早まったり残暑が長く続く場合があります。
このため5月から単衣を着たり6月から薄物を着たりすることもあります。

このため最近はよほど格式が高い場でもない限りはそれほど気にする必要はないようです。

もちろん逆に格式が高い場には気をつけたいところですが、暑さで倒れてしまっては元も子もないので周囲を伺いつつ臨機応変に対応したいところですね。

袷の着物とは

袷の着物とは10月~5月の寒い時期に着る着物で、下着が透けない生地に裏地を縫い合わせたものを指します。

袷の着物は裏面に背中の部分に白い胴裏と呼ばれるものと、裾に色の付いている八掛と呼ばれるものを縫いてけています。

これらの仕立て方は特に絹素材の着物おおくみられます。

この裏地により寒い冬でも暖かく過ごすことが出来ます。

裏地のうち八掛けは袷の着物を着て歩いた時に足元がめくれて裏地が見えることになるので、裏地とはいえ見せる工夫を考える必要があり着物選びでは個性が出るところでもあります。

単衣の着物とは

袷の着物とは6月または9月の春と夏の間、または夏と秋の時期に着る着物で、文字通り裏地のない着物ことです。

合わせと表面上は同じですが裏地がないため着てみるととても軽いことがわかります。
もちろん合わせに比べて格段に涼しい着物です。

昔は衣替えの際に袷の着物の裏地を暖かくなる時期に外して単衣にしたり逆に寒くなってきた頃に単衣に裏地を縫い付けて袷にしたりと臨機応変に仕立てなおしていました。

現代ではわざわざ裏地をつけたり外したりするのではなく、最初から袷の着物と単衣の着物をそれぞれ用意するのが普通となっています。

コストや管理、手入れなどが多く増えてしまいますが季節ごとに柄や素材、手触りの変化が楽しめるのが大きな利点と言えます。

薄物の着物とは

袷の着物とは7月~8月の最も暑い夏の時期に着る着物で、薄物の文字からイメージが分かるように生地の下が透けて見える着物です。

薄物は普通の着物と違い、構成している縦糸と横糸の密度が粗く織られていることにより下が透けて見え、風通しがとても良くなります。

薄物の着物には上布、紗、絽の3種類が一般的なものと挙げられています。

薄物はその下が透けるという特性により着物の色によっては着物の下に着ている長襦袢や下着などが透けて見えてしまうことがあります。

特に色が薄い薄物でそういうことが起きやすいので下着の線や長襦袢には気を使うと良いでしょう。

逆にその下に透ける特性を利用する方法もあり、長襦袢に色や柄のあるものを選んで効果的に薄物の透けた感じを利用することもできます。

付け下げとはどういう着物?どういう時に着るの?

付け下げの女性

場の雰囲気が格調高い席に突然出ることになってしまったけれど何を着て行ったら良いのかわからない・・・。
購入するにしても着物は酒類がありすぎてどれがどんな時に来たらいいものなのかわからない・・・。

現代では着物を着る習慣も減ってきているためどの着物をどんな時に着たら良いのかわからないという方がとても多いようです。

場合によっては自分自身が恥をかくだけでは済まないようなことすらあるので気をつけたいところですね。

そこで今回は様々な着物の種類がある中から付け下げについて、どんな着物であるかということや着用シーンについて見てみましょう。

付け下げの着物とは

付け下げの女性

付け下げの着物は見た目は訪問着と似通っていますが、訪問着よりは模様が少ないのが特徴です。
その他衿と肩や裾の前身頃とおくみの模様がつながっていない点でも区別が過可能です。
また、模様が全て上方向を向いているのも特徴と言えるでしょう。

一般には訪問着を簡略化した着物という認識になっています。

訪問着は仮縫いをした後に染められていますが、付け下げは反物状態で染められています。
これによりポイントポイントでの絵柄が描かれている場合が多く上品な雰囲気を見せてくれます。

ただし、付け下げの中には創作ものが多いので中には訪問着とぱっと見分けがつかないものもあります。

付け下げの着用シーンは意外に多い

着物を着て微笑んでいる女性

さてそれでは付け下げの着物はどんなシーンで着用すればよいでしょうか?

付け下げは訪問着に比べて略式の扱いで、小紋よりも「よそゆき」として使える着物です。
わかりやすく言えば訪問着と小紋の中間的な位置にある着物と言えます。

付け下げは柄の選び方次第で訪問着寄りの使い方が出来るものや小紋寄りの使い方が出来るものなど、幅広い種類があります。

主な着用シーンは披露宴やパーティーへの出席、観劇や同窓会、お食事会やお茶会など

その他にも入学式や卒業式への付き添いなどといったちょっとだけ改まった席で使う場合が多く、こういったところで出かけるには最適な着物です。

絵柄が簡素な付け下げの場合は見た目の重さがないため街着としてカジュアルに着やすくなります。
紋入りにした場合は逆に格が上がるため、街着としてはふさわしくありません。

よりフォーマルな感じにする場合は帯に華やかな柄のものや箔を多く使ったものを選ぶと良いでしょう。

付け下げの歴史

付け下げは一体いつごろから生まれたのでしょうか?
その歴史を見てみると意外と古くないことがわかってきます。

いくつかの説がありますが一説には太平洋戦争中に庶民派質素な生活を気味付けられることになり、訪問着が禁制となったため、その代用品として作られたことがその始まりであると言われています。

花柳界(いわゆる風俗街)の仕事着として流行した後、昭和30年代に入り一般庶民にも広く知れ渡り、幅広い使い方のできる略礼装として浸透しました。

また、別の説で小紋を制作している際に柄が必ず上を向いているものを作れないか?というところから生まれたとされるものもあります。
こちらも20世紀前半の頃とされており時期としては同じ頃になります。

付け下げは訪問着から始まったのか、それとも小紋からはじまったのか、どちらの説が正しいのかはまだ議論されているようですが俗説としては前者の訪問着からはじまったとされる説が有力なようですね。

着物はレンタルがおすすめ

着物は実に様々な種類がありその全てを購入するのは予算的にも定期的に手入れをする点においてもとても大変です。

幅広く使いやすい付け下げですが、それだけでは全てをカバーできるわけではありません。

なので付け下げを購入するのであれば他の着物が必要なシーンは着物をレンタルすることで予算的にも管理的にも負担を大きく減らすことが出来るのでおすすめですよ。

>>訪問着のレンタルと小物など全てを1万円台で揃えるならこちら

着物の格とTPO、高級かそうでないかを分見分ける方法

着物と女性

着物はとても種類が多く、同時に使い方も細かく変化する衣類です。
使い方を誤るだけで場合によっては自分自身が大きな恥をかくだけではなくその余波は周囲にも及びます。

そんな着物をややこしくさせているのが着物の格やTPOです。
これを理解するのは少々難しく難解だといえます。

逆にどんな場においても格やTPOをわきまえた着物の着こなしをすることで高い評価を得ることも出来るでしょう。

今回はそんな着物を難しくさせている着物の格やTPOについて考えてみましょう。

着物の格とは

着物

着物の格は高い方から第一礼装、準礼装、外出着、街着や普段着や浴衣、という並びになります。

それぞれの格に属する着物の種類を見てみると

・第一礼装
打掛、黒留袖、本振袖、喪服 等

・準礼装
色留袖、訪問着、振袖、色無地、小紋 等

・外出着
付け下げ、小紋、訪問着、絞り、お召、更紗 等

・街着、普段着、浴衣
紬、絣、ウール、木綿、浴衣

以上のようになっています。

第一礼装とはもっとも特別な着物でいわゆるハレやケの日に着用します。
特に公的なイベントや儀式に着用することが多くなります。

例えば結婚式おいて花嫁が、未婚者が着用する五つ紋付の本振り袖は第一礼装となります。

準礼装は第一礼装についで格の高い着物となります。
入学式や結婚式の披露宴などへ出席する場合には華やかなこの準礼装が良いでしょう。
低一例そうに比べ着用シーンが多くなるのも特徴です。

外出着に関しては格の範囲幅が広く、様々なシーンで着用ができるため、一着もっていると使い回しがしやすい着物です。
主にちょっとしたお出かけや習い事、趣味としての着物を楽しむのならこのグループの着物を着ると良いでしょう。

街着・普段着・浴衣は着物の中でも最もカジュアルに着れる着物で遊びに行く時などや日常的に着るのにとても適しています。
ただしその反面格が一番低く、格式の高い場においては着ることが出来ませんので別の着物を用意必要ああります。

着物のTPOとは

TPOとはTime(時間)・Place(場所)・Occasion(場合)の3つの頭文字をとった略語で時と場所、場合に応じでさmざまなものを使い分けるという意味です。

着物のTPOと言う場合は時と場所、場合に合わせて着物を使い分けるということです。

例えば黒留袖と色留袖でTPOの違いを見てみましょう。

黒留袖と色留袖は形態上で違うのは色のみで柄などの規定は同じものです。
しかしその着用シーン、TPOは全くの別物です。

・黒留袖が着用できるシーン
結婚式のみ

・色留袖が着用できるシーン
結婚式、披露宴、パーティー、卒業式、観劇、お茶会、初詣

以上のように全くの別物となっています。

また黒留袖は結婚式においてとても適しているのに対して色留袖は「着ても良い」というくくりになります。
反対に色留袖が最も適しているのは披露宴やパーティーの席となっています。

また観劇も含まれていますがこちらは「場合により可」という扱いです。

このように着物が着用できる範囲が広いからといってそれがその場に一番適しているというわけでもありません。

TPOをしっかりわきまえて着物wお楽しむようにすると良いでしょう。

着物が高級品かどうか見分けるには?

着物は実に様々なものがあります。
ではそんな着物高級なものと安価なものの差はどう判断したら良いでしょうか?

着物の価格の違いを決めるものは大きく分けて3つあります。

手間暇の違い、生産ロット数の違い、生地・色・柄などの違い

以上の3つです。

とくに手間暇の違いは如実で、いかに手間のかかる技法で作られた着物であるかが高級品かどうかを分ける一番の違いといえます。

例えば先染めと後染めの違いです。

先染めは糸を先に染めておき、織りながら糸を掛け替えていくためとても手間もかかりますが仕上がりは後染めと比べて繊細に仕上がります。
このためとても高級な着物になります。

反対に後染めの場合は白無地の反物を作ってから後で柄や色を染める技法です。
先染めに比べ繊細さは欠きますが量産がしやすいため若干安価になります。

この違いは仕上がっている反物や着物を近くでよく見ると違いがわかるので判別がつきやすいでしょう。

成人式の振袖を着る際に人気の髪型を複数紹介します。

振袖の女性

一生に一度の成人式、振袖の着物を着る絶好のチャンスです。
綺麗で可愛い振袖に身を包んでいざ成人式!

といきたいところですが、振袖の着物だけ頑張っていいものを着たとしてもその他の部分、髪型がしっかりきまっていないとちぐはぐな感じになってしまいとても残念な見た目になってしまいがちです。

成人式のニュース映像などはよく流れますが画面をよく見てみると時折そういった振袖は綺麗なものを着ているものの髪型は普段通りでどこか格好が付いていないという方を見かけます。

そういったことにならないよう髪型はしっかり振袖に似合うものにセットしておきたいものですね。

そこで今回は振袖の着物に、成人式に相応しい髪型をいくつかピックアップしてみましょう。

ロングヘア;編みこみ

振袖の女性

ロングヘアで成人式振袖に合わせた髪型で多いのがこの編みこみです。
そんな編みこみの中にも様々なタイプが有ります。

・カチューシャタイプ

編みこんだ髪の毛を後ろから側面、頭頂部から反対側の側面へカチューシャのように流すように重ねたヘアスタイルです。
残った髪は頭頂部後方へまとめることによりボリューム感が出ます。

・横帆運行へ流す編みこみタイプ

横方向へ流していくように編みこんでいくことで立体感のあるシルエットになります。
上の方だけではなく下の方も編みこんでいくのでとてもボリューム感があります。

・前髪も編みこむタイプ

全体的に緩めに編みこんでいきますが前髪も同時に編みこむことでおでこがよく見える形になります。
多少気恥ずかしさはありますがとてもすっきりした印象になります。

対照的に後頭部はふんわりと仕上げることで華やかさが出ます。

・しっかりかとめたスタイル

大体編みこみというとふわっとさせたりするのですがあえて固めに編むことで清楚さを演出することもできます。

とてもすっきりとした印象になりますが少しさみしい感じにもなりやすいので華やかな髪飾りでアクセントをつけると良いでしょう。

・ラフに編んで後ろに垂らすスタイル

ちゃんと編みこんでまとめたりせずにあえてラフに編みこんで髪の毛を後ろに垂らすというスタイルもあります。

あまり髪をまとめずに垂らしているている人は居ませんのでおしゃれに演出しつつも目立てる髪型です。

ロングヘア;お団子

編みこみとは別のタイプと言うとこのお団子タイプが多くなります。

・全部アップするスタイル

後ろ髪も前髪も全部アップにして全体的に団子にしてしまうスタイルです。
すっきりとした見た目になりますが若干子供っぽさもあります。

華やかな振袖にとても似合いますが子供っぽさも出る点を活かして浴衣に合わせるのも良いでしょう。

・お団子を2個にするスタイル

何もお団子ヘアは1個でなければいけないということはありません。
頭頂部でお団子を2個作ることで少しゆるい感じを演出できます。

前髪やサイドを少しのこすと可愛さがアップします。
お団子ヘアの中ではかなり目立つ種類ですね。

・髪飾りはサイドは後ろに

お団子の場合、正面に髪飾りを付けるとせったくのお団子の形が見づらくなりますのでサイドか後ろにつけると良いでしょう。

・多少髪が短くてもハーフアップで

ロングヘアーじゃないからお団子が難しいと思っている方でもハーフアップという形でならお団子が作れます。

現代的な雰囲気が出せるのでこれはこれで可愛い髪型になります。

ショートヘア

ロングヘアに比べてショートヘアはまた違った印象が出せる髪型になります。

・ぱっつんスタイル

前髪や後ろ髪を一直線にカットすることでモダンな雰囲気を演出できます。
古臭いイメージも付きまといますが、現代では逆に目新しく個性的なスタイルで可愛くそして目立ちやすいといえます。

・編みこみスタイル

ショートヘアでも編みこみは可能です。
ロングヘアほどのボリュームは出ませんがゆるめに編むことである程度ふんわりとした印象が出せます。

・リーゼントスタイル

ショートヘアの場合、固めに仕上げることで清楚感を出すことも多いのですが、全体をゆるく巻くことでふんわりとした感じをだすこともできます。

リーゼント風に仕上げることにより可愛さにかっこよさが加わります。
大きめの髪飾りとも相性が良いのでショートヘアでボリュームを出したい方にはおすすめです。

まだまだ様々な髪型がありますがおすすめな髪型を中心に紹介してみました。
気になった髪型があれば美容院で相談してみてはどうでしょうか?

商品カテゴリー

  • 振袖
  • 訪問着
  • 成人式振袖
  • 黒留袖
  • 色留袖
  • 卒業袴
  • 浴衣
  • モーニング

ネットで着物を予約する

Mineの着物体験モデル

  • 成人式振袖 「振袖着たよ!」
  • 黒留袖・モーニング 「黒留袖着ました!」

店舗情報

Mine甲府店

住所
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-1-8
駅前銀座ビル7階
電話番号
055-234-5622
営業時間
10:00~19:00
定休日:毎週水曜日
Mail
kofu@rental−mine.com

ページのトップへ戻る